ケーススタディ:
SOS International: Kubernetesを使ってコネクテッドな世界での緊急支援を提供

企業名  SOS International     所在地  フレゼレクスベア、デンマーク      業界  医療および旅行支援

課題

SOS Internationalは60年にわたり、北欧諸国の顧客に信頼性の高い緊急医療および旅行支援を提供してきました。近年、同社のビジネス戦略では、デジタル分野での開発をさらに強化する必要がありましたが、ITシステムに関しては 3つの従来のモノリス(Java, .NET, およびIBMのAS/400)とウォーターフォールアプローチにおいて「SOSには非常に断片化された遺産があります。」とエンタープライズアーキテクチャ責任者のMartin Ahrentsen氏は言います。「新しい技術と新しい働き方の両方を導入することを余儀なくされているので、市場投入までの時間を短縮して効率を高めることができました。それははるかに機敏なアプローチであり、私たちにはそれをビジネスに提供するのに役立つプラットフォームが必要でした。」

ソリューション

標準システムの模索に失敗した後、同社はプラットフォームアプローチを採用し、Kubernetesとコンテナ技術を包含するソリューションを探すことにしました。RedHat OpenShiftはSOSの断片化されたシステムに最適であることが証明されました。「私たちはコード言語とその他の両方を使用する多くの異なる技術を持っていますが、それらはすべて新しいプラットフォーム上のリソースを使用できます。」とAhrentsen氏は言います。同社にある3つのモノリスの中で、「2つ(.NETとJava)に対してこの最先端の技術を提供できます。」このプラットフォームは2018年春に公開されました。現在、マイクロサービスアーキテクチャに基づく6つの未開発プロジェクトが進行中であり、さらに、同社のJavaアプリケーションはすべて「リフト&シフト」移行を行っています。

影響

Kubernetesによって「市場投入までの時間、アジリティ、および変更と新しい技術に適応する能力の向上を実現しました。」とAhrentsen氏は語ります。「ソフトウェアのリリース準備ができてからリリースできるまでの時間が大幅に改善されました。」SOS Internationalの考え方も劇的に変わりました。「自動化、CI/CDパイプラインの作成を容易にするKubernetesとスクリプトへの簡単なアクセスがあるので、この完全自動化の方法に至る所で多くの内部的な関心が生まれています。旅を始めるために非常に良い気候を作り出しています。」と彼は言います。さらに、クラウドネイティブのコミュニティの一員であることは、同社が人材を引き付けるのに役立ちました。「彼らはクールで新しい技術を使いたいと思っています」とAhrentsen氏は言います。「ITプロフェッショナルが新しい技術を提供したという理由で我が社を選んでいたことが新人研修の時にわかりました。」
「クラウドネイティブなソフトウェアや技術が現在推進している変化の速度は驚くべきものであり、それに追従して導入することは私たちにとって非常に重要です。Kubernetesとクラウドネイティブが提供する驚くべき技術はデジタルの未来に向けてSOSに変化をもたらしました。

- SOS International エンタープライズアーキテクチャ責任者 Martin Ahrentsen

SOS Internationalは60年にわたり、北欧諸国の顧客に信頼性の高い緊急医療および旅行支援を提供してきました。

SOSのオペレータは年間100万件の案件を扱い、100万件以上の電話を処理しています。しかし、過去4年間で同社のビジネス戦略にデジタル空間でのますます激しい開発が必要になりました。

ITシステムに関していえば、会社のデータセンターで稼働する3つの伝統的なモノリスとウォーターフォールアプローチにおいて「SOSは非常に断片化された資産があります。」とエンタープライズアーキテクチャ責任者のMartin Ahrentsen氏は言います。「市場投入までの時間を短縮し、効率を高めるために新しい技術と新しい働き方の両方を導入する必要がありました。それははるかに機敏なアプローチであり、それをビジネスに提供するために役立つプラットフォームが必要でした。」

Ahrentsen氏と彼のチームは長い間SOSで機能する標準のソリューションを探していました。「私たちのような支援会社はそれほど多くないので、それにふさわしい標準システムを入手することはできません。完全に一致するものがないのです。」と彼は言います。「標準システムを採用したとしても、あまりにもひねりすぎて、もはや標準ではないものになるでしょう。そのため、新しいデジタルシステムとコアシステムを構築するために使用できるいくつかの共通コンポーネントを備えた技術プラットフォームを見つけることにしました。」
「私たちは新しいデジタルサービスを提供しなければなりませんが、古いものも移行する必要があります。そして、コアシステムをこのプラットフォーム上に構築された新しいシステムに変換する必要があります。この技術を選んだ理由の1つは古いデジタルサービスを変更しながら新しいサービスを構築できるからです。」

- SOS International エンタープライズアーキテクチャ責任者 Martin Ahrentsen
Kubernetesができることを理解すると、Ahrentsen氏はすぐにビジネスニーズを満たすことができるプラットフォームに目を向けました。同社はDockerコンテナとKubernetesを組み込んだRed HatのOpenShift Container Platformを採用しました。また、RedHat Hyperconverged Infrastructureや一部のミッドウェアコンポーネントなど、すべてオープンソースコミュニティで提供されている技術スタックも利用することを決めました。

技術やアジリティの適合性、法的要件、およびコンピテンシーという同社の基準に基づくと、OpenShiftソリューションはSOSの断片化されたシステムに完全に適合するように思われました。「私たちはコード言語とそれ以外の両方を使用する多くの異なる技術を持っています。それらはすべて新しいプラットフォーム上のリソースを使用できます。」とAhrentsen氏は言います。同社にある3つのモノリスの中で、「2つ(.NETとJava)に対してこの最先端の技術を提供できます。」

プラットフォームは2018年春に公開されました。マイクロサービスアーキテクチャに基づく6つの未開発のプロジェクトが最初に開始されました。さらに、同社のJavaアプリケーションはすべて「リフト&シフト」移行を行っています。最初に稼働しているKubernetesベースのプロジェクトの一つがRemote Medical Treatmentです。これは顧客が音声、チャット、ビデオを介してSOSアラームセンターに連絡できるソリューションです。「完全なCI/CDパイプラインと最新のマイクロサービスアーキテクチャをすべて2つのOpenShiftクラスターセットアップで実行することに焦点を当てて、非常に短時間で開発できました。」とAhrentsen氏は言います。北欧諸国へのレスキュートラックの派遣に使用されるOnsite、および、レッカー車の追跡を可能にするFollow Your Truckも展開されています。
「ITプロフェッショナルが新しい技術を提供したという理由で我が社を選んでいたことが新人研修の時にわかりました。」

- SOS International エンタープライズアーキテクチャ責任者 Martin Ahrentsen
プラットフォームがまだオンプレミスで稼働しているのは、保険業界のSOSの顧客の一部は同社がデータを処理しているためまだクラウド戦略を持っていないためです。KubernetesはSOSがデータセンターで開始し、ビジネスの準備ができたらクラウドに移行できるようにします。「今後3~5年にわたって、彼らすべてが戦略を持ち、そして、データを取り出してクラウドに移行できるでしょう。」とAhrentsen氏は言います。機密データと非機密データのハイブリッドクラウド設定に移行する可能性もあります。

SOSの技術は確かに過渡期にあります。「新しいデジタルサービスを提供する必要がありますが、古いものも移行する必要があり、コアシステムをこのプラットフォーム上に構築された新しいシステムに変換しなければなりません。」とAhrentsen氏は言います。「この技術を選んだ理由の1つは古いデジタルサービスを変更しながら新しいサービスを構築できるからです。」

しかし、Kubernetesはすでに市場投入までの時間を短縮しており、そのことは、新興プロジェクトがいかに迅速に開発され、リリースされたかにも表れています。「ソフトウェアのリリース準備ができてからリリース可能になるまでの時間は劇的に改善されました。」とAhrentsen氏は言います。

さらに、クラウドネイティブのコミュニティの一員であることは、エンジニア、オペレーター、アーキテクトの数を今年60から100に増やすという目標を追求するうえで、同社が人材を引き付けるのに役立ちました。「彼らはクールで新しい技術を使いたいと思っています。」とAhrentsenは言います。「ITプロフェッショナルが新しい技術を提供したという理由で我が社を選んでいたことが新人研修の時にわかりました。」
「すべてが接続され、データを送信する未来の世界は、新しい市場機会という点で私たちにとって大きな可能性を生み出します。しかし、それはまたITプラットフォームと私たちが提供すべきものに大きな需要をもたらすでしょう。」

- SOS International エンタープライズアーキテクチャ責任者 Martin Ahrentsen
SOS Internationalの考え方も劇的に変わりました。「自動化、CI/CDパイプラインの作成を容易にするKubernetesとスクリプトへの簡単なアクセスがあるので、この完全自動化の方法に至る所で多くの内部的な関心が生まれています。旅を始めるために非常に良い気候を作り出しています。」

SOSにおけるこの旅では、デジタル化と最適化がキーワードです。「ITがこれを実現するには改善する必要がありますが、それはKubernetesとプラットフォームの使用方法だけではありません。」とAhrentsen氏は言います。「これは自動化、そしてその後の機械学習やその他進行中の興味深い技術の準備が整ったシステムを構築する方法でもあります。」

代表例:自動車へのIoTの導入。欧州委員会は現在、すべての新車にeCallを装備することを義務づけています。eCallは重大な交通事故が発生した場合に位置やその他データを送信します。SOSはこのサービスをスマート自動支援として提供しています。「電話を受けて、緊急対応チームを派遣する必要があるかどうか、またはそれほど大きな影響がないどうかを確認します。」とAhrentsen氏は言います。「すべてが接続され、データを送信する未来の世界は、新しい市場機会という点で私たちにとって大きな可能性を生み出します。しかし、それはまたITプラットフォームと私たちが提供すべきものに大きな需要をもたらすでしょう。」

Ahrentsen氏はSOSが技術の選択を行ってきたことを考えると、この課題に十分対応できると感じています。「クラウドネイティブなソフトウェアや技術が現在推進している変化の速度は驚くべきものであり、それに追従して採用することは私たちにとって非常に重要です。」と彼は言います。「Kubernetesとクラウドネイティブが提供する驚くべき技術は、デジタルの未来に向けてSOSに変化をもたらし始めました。」