コンテナの概要

コンテナは、アプリケーションの(コンパイルされた)コードと、実行時に必要な依存関係をパッケージ化するための技術です。実行する各コンテナは再現性があります。依存関係を含めることによる標準化は、どこで実行しても同じ動作が得られることを意味します。

コンテナは、基礎となるホストインフラストラクチャからアプリケーションを切り離します。これにより、さまざまなクラウド環境やOS環境でのデプロイが容易になります。

コンテナイメージ

コンテナイメージは、アプリケーションを実行するために必要なすべてのものを含んだ、すぐに実行可能なソフトウェアパッケージです。コードとそれが必要とする任意のランタイム、アプリケーションとシステムのライブラリ、および必須の設定のデフォルト値が含まれています。

設計上、コンテナは不変であるため、すでに実行中のコンテナのコードを変更することはできません。コンテナ化されたアプリケーションがあり、変更を加えたい場合は、変更を含む新しいコンテナをビルドし、コンテナを再作成して更新されたイメージから起動する必要があります。

コンテナランタイム

コンテナランタイムは、コンテナの実行を担当するソフトウェアです。

Kubernetesは次の複数のコンテナランタイムをサポートします。 DockerDockerは、コンテナとして知られる、オペレーティングシステムレベルでの仮想化を提供するソフトウェア技術です。 containerdA container runtime with an emphasis on simplicity, robustness and portability CRI-OA lightweight container runtime specifically for Kubernetes 、 および全ての Kubernetes CRI (Container Runtime Interface) 実装です。

次の項目

最終更新 June 15, 2020 at 3:34 AM PST: template fix (8207f905f)