ストレージクラス

このドキュメントでは、KubernetesにおけるStorageClassの概念について説明します。ボリューム永続ボリュームに精通していることをお勧めします。

概要

StorageClassは、管理者が提供するストレージの「クラス」を記述する方法を提供します。さまざまなクラスが、サービス品質レベル、バックアップポリシー、またはクラスター管理者によって決定された任意のポリシーにマップされる場合があります。Kubernetes自体は、クラスが何を表すかについて意見を持っていません。この概念は、他のストレージシステムでは「プロファイル」と呼ばれることがあります。

StorageClassリソース

各StorageClassには、クラスに属するPersistentVolumeを動的にプロビジョニングする必要がある場合に使用されるフィールドprovisionerparameters、およびreclaimPolicyが含まれています。

StorageClassオブジェクトの名前は重要であり、ユーザーが特定のクラスを要求する方法です。管理者は、最初にStorageClassオブジェクトを作成するときにクラスの名前とその他のパラメーターを設定します。オブジェクトは、作成後に更新することはできません。

管理者は、バインドする特定のクラスを要求しないPVCに対してのみ、デフォルトのStorageClassを指定できます。詳細については、PersistentVolumeClaimセクションを参照してください。

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: standard
provisioner: kubernetes.io/aws-ebs
parameters:
  type: gp2
reclaimPolicy: Retain
allowVolumeExpansion: true
mountOptions:
  - debug
volumeBindingMode: Immediate

プロビジョナー

各StorageClassには、PVのプロビジョニングに使用するボリュームプラグインを決定するプロビジョナーがあります。このフィールドを指定する必要があります。

Volume PluginInternal ProvisionerConfig Example
AWSElasticBlockStoreAWS EBS
AzureFileAzure File
AzureDiskAzure Disk
CephFS--
CinderOpenStack Cinder
FC--
FlexVolume--
GCEPersistentDiskGCE PD
GlusterfsGlusterfs
iSCSI--
NFS-NFS
RBDCeph RBD
VsphereVolumevSphere
PortworxVolumePortworx Volume
Local-Local

ここにリストされている「内部」プロビジョナー(名前には「kubernetes.io」というプレフィックスが付いており、Kubernetesと共に出荷されます)を指定することに制限はありません。Kubernetesによって定義された仕様に従う独立したプログラムである外部プロビジョナーを実行して指定することもできます。外部プロビジョナーの作成者は、コードの保存場所、プロビジョナーの出荷方法、実行方法、使用するボリュームプラグイン(Flexを含む)などについて完全な裁量権を持っています。リポジトリkubernetes-sigs/sig-storage-lib-external-provisionerには、仕様の大部分を実装する外部プロビジョナーを作成するためのライブラリが含まれています。一部の外部プロビジョナーは、リポジトリkubernetes-sigs/sig-storage-lib-external-provisionerの下にリストされています。

たとえば、NFSは内部プロビジョナーを提供しませんが、外部プロビジョナーを使用できます。サードパーティのストレージベンダーが独自の外部プロビジョナーを提供する場合もあります。

再利用ポリシー

StorageClassによって動的に作成されるPersistentVolumeには、クラスのreclaimPolicyフィールドで指定された再利用ポリシーがあり、DeleteまたはRetainのいずれかになります。StorageClassオブジェクトの作成時にreclaimPolicyが指定されていない場合、デフォルトでDeleteになります。

手動で作成され、StorageClassを介して管理されるPersistentVolumeには、作成時に割り当てられた再利用ポリシーが適用されます。

ボリューム拡張の許可

FEATURE STATE: Kubernetes v1.11 [beta]

PersistentVolumeは、拡張可能になるように構成できます。この機能をtrueに設定すると、ユーザーは対応するPVCオブジェクトを編集してボリュームのサイズを変更できます。

次のタイプのボリュームは、基になるStorageClassのフィールドallowVolumeExpansionがtrueに設定されている場合に、ボリュームの拡張をサポートします。

Table of Volume types and the version of Kubernetes they require
Volume typeRequired Kubernetes version
gcePersistentDisk1.11
awsElasticBlockStore1.11
Cinder1.11
glusterfs1.11
rbd1.11
Azure File1.11
Azure Disk1.11
Portworx1.11
FlexVolume1.13
CSI1.14 (alpha), 1.16 (beta)

マウントオプション

StorageClassによって動的に作成されるPersistentVolumeには、クラスのmountOptionsフィールドで指定されたマウントオプションがあります。

ボリュームプラグインがマウントオプションをサポートしていないにもかかわらず、マウントオプションが指定されている場合、プロビジョニングは失敗します。マウントオプションは、クラスまたはPVのいずれでも検証されません。マウントオプションが無効な場合、PVマウントは失敗します。

ボリュームバインディングモード

volumeBindingModeフィールドは、ボリュームバインディングと動的プロビジョニングが発生するタイミングを制御します。設定を解除すると、デフォルトで"Immediate"モードが使用されます。

Immediateモードは、PersistentVolumeClaimが作成されると、ボリュームバインディングと動的プロビジョニングが発生することを示します。トポロジに制約があり、クラスター内のすべてのノードからグローバルにアクセスできないストレージバックエンドの場合、PersistentVolumeはPodのスケジューリング要件を知らなくてもバインドまたはプロビジョニングされます。これにより、Podがスケジュール不能になる可能性があります。

クラスター管理者は、PersistentVolumeClaimを使用するPodが作成されるまでPersistentVolumeのバインドとプロビジョニングを遅らせるWaitForFirstConsumerモードを指定することで、この問題に対処できます。 PersistentVolumeは、Podのスケジュール制約によって指定されたトポロジに準拠して選択またはプロビジョニングされます。これらには、リソース要件ノードセレクターポッドアフィニティとアンチアフィニティ、およびtaints and tolerationsが含まれますが、これらに限定されません。

次のプラグインは、動的プロビジョニングでWaitForFirstConsumerをサポートしています。

次のプラグインは、事前に作成されたPersistentVolumeバインディングでWaitForFirstConsumerをサポートします。

FEATURE STATE: Kubernetes v1.17 [stable]
CSIボリュームも動的プロビジョニングと事前作成されたPVでサポートされていますが、サポートされているトポロジーキーと例を確認するには、特定のCSIドライバーのドキュメントを参照する必要があります。

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: task-pv-pod
spec:
  nodeSelector:
    kubernetes.io/hostname: kube-01
  volumes:
    - name: task-pv-storage
      persistentVolumeClaim:
        claimName: task-pv-claim
  containers:
    - name: task-pv-container
      image: nginx
      ports:
        - containerPort: 80
          name: "http-server"
      volumeMounts:
        - mountPath: "/usr/share/nginx/html"
          name: task-pv-storage

許可されたトポロジー

クラスタオペレーターがWaitForFirstConsumerボリュームバインディングモードを指定すると、ほとんどの状況でプロビジョニングを特定のトポロジに制限する必要がなくなります。ただし、それでも必要な場合は、allowedTopologiesを指定できます。

この例は、プロビジョニングされたボリュームのトポロジを特定のゾーンに制限する方法を示しており、サポートされているプラグインのzoneおよびzonesパラメーターの代わりとして使用する必要があります。

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: standard
provisioner: kubernetes.io/gce-pd
parameters:
  type: pd-standard
volumeBindingMode: WaitForFirstConsumer
allowedTopologies:
- matchLabelExpressions:
  - key: failure-domain.beta.kubernetes.io/zone
    values:
    - us-central-1a
    - us-central-1b

パラメーター

ストレージクラスには、ストレージクラスに属するボリュームを記述するパラメーターがあります。プロビジョナーに応じて、異なるパラメーターが受け入れられる場合があります。たとえば、パラメーターtypeの値io1とパラメーターiopsPerGBはEBSに固有です。パラメーターを省略すると、デフォルトが使用されます。

StorageClassに定義できるパラメーターは最大512個です。 キーと値を含むパラメーターオブジェクトの合計の長さは、256KiBを超えることはできません。

AWS EBS

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: slow
provisioner: kubernetes.io/aws-ebs
parameters:
  type: io1
  iopsPerGB: "10"
  fsType: ext4
  • type:io1gp2sc1st1。詳細については、AWSドキュメントを参照してください。デフォルト:gp2
  • zone(非推奨):AWS zone。zonezonesも指定されていない場合、ボリュームは通常、Kubernetesクラスターにノードがあるすべてのアクティブなゾーンにわたってラウンドロビン方式で処理されます。zoneパラメーターとzonesパラメーターを同時に使用することはできません。
  • zones(非推奨):AWS zoneのコンマ区切りリスト。zonezonesも指定されていない場合、ボリュームは通常、Kubernetesクラスターにノードがあるすべてのアクティブなゾーンにわたってラウンドロビン方式で処理されます。zoneパラメーターとzonesパラメーターを同時に使用することはできません。
  • iopsPerGB:io1ボリュームのみ。GiBごとの1秒あたりのI/O操作。AWSボリュームプラグインは、これを要求されたボリュームのサイズで乗算して、ボリュームのIOPSを計算し、上限を20,000IOPSに設定します(AWSでサポートされる最大値については、AWSドキュメントを参照してください)。ここでは文字列が必要です。つまり、10ではなく"10"です。
  • fsType:kubernetesでサポートされているfsType。デフォルト:"ext4"
  • encrypted:EBSボリュームを暗号化するかどうかを示します。有効な値は"true"または"false"です。ここでは文字列が必要です。つまり、trueではなく"true"です。
  • kmsKeyId:オプション。ボリュームを暗号化するときに使用するキーの完全なAmazonリソースネーム。何も指定されていなくてもencryptedがtrueの場合、AWSによってキーが生成されます。有効なARN値については、AWSドキュメントを参照してください。

GCE PD

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: slow
provisioner: kubernetes.io/gce-pd
parameters:
  type: pd-standard
  fstype: ext4
  replication-type: none
  • type:pd-standardまたはpd-ssd。デフォルト:pd-standard
  • zone(非推奨):GCE zone。zonezonesも指定されていない場合、ボリュームは通常、Kubernetesクラスターにノードがあるすべてのアクティブなゾーンにわたってラウンドロビン方式で処理されます。zoneパラメーターとzonesパラメーターを同時に使用することはできません。
  • zones(非推奨):GCE zoneのコンマ区切りリスト。zonezonesも指定されていない場合、ボリュームは通常、Kubernetesクラスターにノードがあるすべてのアクティブなゾーンにわたってラウンドロビン方式で処理されます。zoneパラメーターとzonesパラメーターを同時に使用することはできません。
  • fstype:ext4またはxfs。デフォルト:ext4。定義されたファイルシステムタイプは、ホストオペレーティングシステムでサポートされている必要があります。
  • replication-type:noneまたはregional-pd。デフォルト:none

replication-typenoneに設定されている場合、通常の(ゾーン)PDがプロビジョニングされます。

replication-typeregional-pdに設定されている場合、Regional Persistent Diskがプロビジョニングされます。volumeBindingMode: WaitForFirstConsumerを設定することを強くお勧めします。この場合、このStorageClassを使用するPersistentVolumeClaimを使用するPodを作成すると、Regional Persistent Diskが2つのゾーンでプロビジョニングされます。1つのゾーンは、Podがスケジュールされているゾーンと同じです。もう1つのゾーンは、クラスターで使用可能なゾーンからランダムに選択されます。ディスクゾーンは、allowedTopologiesを使用してさらに制限できます。

Glusterfs(非推奨)

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: slow
provisioner: kubernetes.io/glusterfs
parameters:
  resturl: "http://127.0.0.1:8081"
  clusterid: "630372ccdc720a92c681fb928f27b53f"
  restauthenabled: "true"
  restuser: "admin"
  secretNamespace: "default"
  secretName: "heketi-secret"
  gidMin: "40000"
  gidMax: "50000"
  volumetype: "replicate:3"
  • resturl:glusterボリュームをオンデマンドでプロビジョニングするGluster RESTサービス/HeketiサービスのURL。一般的な形式はIPaddress:Portである必要があり、これはGlusterFS動的プロビジョナーの必須パラメーターです。Heketiサービスがopenshift/kubernetesセットアップでルーティング可能なサービスとして公開されている場合、これはhttp://heketi-storage-project.cloudapps.mystorage.comのような形式になる可能性があります。ここで、fqdnは解決可能なHeketiサービスURLです。

  • restauthenabled:RESTサーバーへの認証を有効にするGluster RESTサービス認証ブール値。この値が"true"の場合、restuserrestuserkeyまたはsecretNamespace+secretNameを入力する必要があります。このオプションは非推奨です。restuserrestuserkeysecretName、またはsecretNamespaceのいずれかが指定されている場合、認証が有効になります。

  • restuser:Gluster Trusted Poolでボリュームを作成するためのアクセス権を持つGluster RESTサービス/Heketiユーザー。

  • restuserkey:RESTサーバーへの認証に使用されるGluster RESTサービス/Heketiユーザーのパスワード。このパラメーターは、secretNamespace+secretNameを優先されて廃止されました。

  • secretNamespacesecretName:Gluster RESTサービスと通信するときに使用するユーザーパスワードを含むSecretインスタンスの識別。これらのパラメーターはオプションです。secretNamespacesecretNameの両方が省略された場合、空のパスワードが使用されます。提供されたシークレットには、タイプkubernetes.io/glusterfsが必要です。たとえば、次のように作成されます。

    kubectl create secret generic heketi-secret \
      --type="kubernetes.io/glusterfs" --from-literal=key='opensesame' \
      --namespace=default
    

    シークレットの例はglusterfs-provisioning-secret.yamlにあります。

  • clusterid:630372ccdc720a92c681fb928f27b53fは、ボリュームのプロビジョニング時にHeketiによって使用されるクラスターのIDです。また、クラスタIDのリストにすることもできます。これはオプションのパラメーターです。

  • gidMingidMax:StorageClassのGID範囲の最小値と最大値。この範囲内の一意の値(GID)(gidMin-gidMax)が、動的にプロビジョニングされたボリュームに使用されます。これらはオプションの値です。指定しない場合、ボリュームは、それぞれgidMinとgidMaxのデフォルトである2000から2147483647の間の値でプロビジョニングされます。

  • volumetype:ボリュームタイプとそのパラメーターは、このオプションの値で構成できます。ボリュームタイプが記載されていない場合、プロビジョニング担当者がボリュームタイプを決定します。 例えば、

    • レプリカボリューム:volumetype: replica:3ここで、'3'はレプリカ数です。
    • Disperse/ECボリューム:volumetype: disperse:4:2ここで、'4'はデータ、'2'は冗長数です。
    • ボリュームの分配:volumetype: none

    利用可能なボリュームタイプと管理オプションについては、管理ガイドを参照してください。

    詳細な参考情報については、Heketiの設定方法を参照してください。

    永続ボリュームが動的にプロビジョニングされると、Glusterプラグインはエンドポイントとヘッドレスサービスをgluster-dynamic-<claimname>という名前で自動的に作成します。永続ボリューム要求が削除されると、動的エンドポイントとサービスは自動的に削除されます。

NFS

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: example-nfs
provisioner: example.com/external-nfs
parameters:
  server: nfs-server.example.com
  path: /share
  readOnly: "false"
  • server:サーバーは、NFSサーバーのホスト名またはIPアドレスです。
  • path:NFSサーバーによってエクスポートされるパス。
  • readOnly:ストレージが読み取り専用としてマウントされるかどうかを示すフラグ(デフォルトはfalse)。

Kubernetesには、内部NFSプロビジョナーは含まれていません。NFS用のStorageClassを作成するには、外部プロビジョナーを使用する必要があります。 ここではいくつかの例を示します。

OpenStack Cinder

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: gold
provisioner: kubernetes.io/cinder
parameters:
  availability: nova
  • availability:アベイラビリティゾーン。指定されていない場合、ボリュームは通常、Kubernetesクラスターにノードがあるすべてのアクティブなゾーンにわたってラウンドロビン方式で処理されます。

vSphere

vSphereストレージクラスのプロビジョナーには2つのタイプがあります。

インツリープロビジョナーは非推奨です。CSIプロビジョナーの詳細については、Kubernetes vSphere CSIドライバーおよびvSphereVolume CSI移行を参照してください。

CSIプロビジョナー

vSphere CSI StorageClassプロビジョナーは、Tanzu Kubernetesクラスターと連携します。例については、vSphere CSIリポジトリを参照してください。

vCPプロビジョナー

次の例では、VMware Cloud Provider(vCP) StorageClassプロビジョナーを使用しています。

  1. ユーザー指定のディスク形式でStorageClassを作成します。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: fast
    provisioner: kubernetes.io/vsphere-volume
    parameters:
      diskformat: zeroedthick
    

    diskformat:thinzeroedthickeagerzeroedthick。デフォルト:"thin".

  2. ユーザー指定のデータストアにディスクフォーマットのStorageClassを作成します。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: fast
    provisioner: kubernetes.io/vsphere-volume
    parameters:
        diskformat: zeroedthick
        datastore: VSANDatastore
    

    datastore:ユーザーはStorageClassでデータストアを指定することもできます。 ボリュームは、StorageClassで指定されたデータストア(この場合はVSANDatastore)に作成されます。このフィールドはオプションです。データストアが指定されていない場合、vSphere Cloud Providerの初期化に使用されるvSphere構成ファイルで指定されたデータストアにボリュームが作成されます。

  3. kubernetes内のストレージポリシー管理

    • 既存のvCenter SPBMポリシーを使用

      vSphere for Storage Managementの最も重要な機能の1つは、ポリシーベースの管理です。Storage Policy Based Management(SPBM)は、幅広いデータサービスとストレージソリューションにわたって単一の統合コントロールプレーンを提供するストレージポリシーフレームワークです。SPBMにより、vSphere管理者は、キャパシティプランニング、差別化されたサービスレベル、キャパシティヘッドルームの管理など、事前のストレージプロビジョニングの課題を克服できます。SPBMポリシーは、storagePolicyNameパラメーターを使用してStorageClassで指定できます。

    • Kubernetes内でのVirtual SANポリシーのサポート

      Vsphere Infrastructure(VI)管理者は、動的ボリュームプロビジョニング中にカスタムVirtual SANストレージ機能を指定できます。動的なボリュームプロビジョニング時に、パフォーマンスや可用性などのストレージ要件をストレージ機能の形で定義できるようになりました。ストレージ機能の要件はVirtual SANポリシーに変換され、永続ボリューム(仮想ディスク)の作成時にVirtual SANレイヤーにプッシュダウンされます。仮想ディスクは、要件を満たすためにVirtual SANデータストア全体に分散されます。

      永続的なボリューム管理にストレージポリシーを使用する方法の詳細については、ボリュームの動的プロビジョニングのためのストレージポリシーベースの管理を参照してください。

vSphereの例 では、Kubernetes for vSphere内で永続的なボリューム管理を試すことができます。

Ceph RBD

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: fast
provisioner: kubernetes.io/rbd
parameters:
  monitors: 10.16.153.105:6789
  adminId: kube
  adminSecretName: ceph-secret
  adminSecretNamespace: kube-system
  pool: kube
  userId: kube
  userSecretName: ceph-secret-user
  userSecretNamespace: default
  fsType: ext4
  imageFormat: "2"
  imageFeatures: "layering"
  • monitors:カンマ区切りのCephモニター。このパラメーターは必須です。

  • adminId:プールにイメージを作成できるCephクライアントID。デフォルトは"admin"です。

  • adminSecretName:adminIdのシークレット名。このパラメーターは必須です。指定されたシークレットのタイプは"kubernetes.io/rbd"である必要があります。

  • adminSecretNamespace:adminSecretNameの名前空間。デフォルトは"default"です。

  • pool:Ceph RBDプール。デフォルトは"rbd"です。

  • userId:RBDイメージのマッピングに使用されるCephクライアントID。デフォルトはadminIdと同じです。

  • userSecretName:RBDイメージをマップするためのuserIdのCephシークレットの名前。PVCと同じ名前空間に存在する必要があります。このパラメーターは必須です。提供されたシークレットのタイプは"kubernetes.io/rbd"である必要があります。たとえば、次のように作成されます。

    kubectl create secret generic ceph-secret --type="kubernetes.io/rbd" \
      --from-literal=key='QVFEQ1pMdFhPUnQrSmhBQUFYaERWNHJsZ3BsMmNjcDR6RFZST0E9PQ==' \
      --namespace=kube-system
    
  • userSecretNamespace:userSecretNameの名前空間。

  • fsType:kubernetesでサポートされているfsType。デフォルト:"ext4"

  • imageFormat:Ceph RBDイメージ形式、"1"または"2"。デフォルトは"2"です。

  • imageFeatures:このパラメーターはオプションであり、imageFormatを"2"に設定した場合にのみ使用する必要があります。現在サポートされている機能はlayeringのみです。デフォルトは""で、オンになっている機能はありません。

Azure Disk

Azure Unmanaged Disk storage class

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: slow
provisioner: kubernetes.io/azure-disk
parameters:
  skuName: Standard_LRS
  location: eastus
  storageAccount: azure_storage_account_name
  • skuName:AzureストレージアカウントのSku層。デフォルトは空です。
  • location:Azureストレージアカウントの場所。デフォルトは空です。
  • storageAccount:Azureストレージアカウント名。ストレージアカウントを指定する場合、それはクラスターと同じリソースグループに存在する必要があり、locationは無視されます。ストレージアカウントが指定されていない場合、クラスターと同じリソースグループに新しいストレージアカウントが作成されます。

Azure Disk storage class (starting from v1.7.2)

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: slow
provisioner: kubernetes.io/azure-disk
parameters:
  storageaccounttype: Standard_LRS
  kind: managed
  • storageaccounttype:AzureストレージアカウントのSku層。デフォルトは空です。
  • kind:可能な値は、shareddedicated、およびmanaged(デフォルト)です。kindsharedの場合、すべてのアンマネージドディスクは、クラスターと同じリソースグループ内のいくつかの共有ストレージアカウントに作成されます。kinddedicatedの場合、新しい専用ストレージアカウントが、クラスターと同じリソースグループ内の新しいアンマネージドディスク用に作成されます。kindmanagedの場合、すべてのマネージドディスクはクラスターと同じリソースグループに作成されます。
  • resourceGroup:Azureディスクが作成されるリソースグループを指定します。これは、既存のリソースグループ名である必要があります。指定しない場合、ディスクは現在のKubernetesクラスターと同じリソースグループに配置されます。
  • Premium VMはStandard_LRSディスクとPremium_LRSディスクの両方を接続できますが、Standard VMはStandard_LRSディスクのみを接続できます。
  • マネージドVMはマネージドディスクのみをアタッチでき、アンマネージドVMはアンマネージドディスクのみをアタッチできます。

Azure File

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: azurefile
provisioner: kubernetes.io/azure-file
parameters:
  skuName: Standard_LRS
  location: eastus
  storageAccount: azure_storage_account_name
  • skuName:AzureストレージアカウントのSku層。デフォルトは空です。
  • location:Azureストレージアカウントの場所。デフォルトは空です。
  • storageAccount:Azureストレージアカウント名。デフォルトは空です。ストレージアカウントが指定されていない場合は、リソースグループに関連付けられているすべてのストレージアカウントが検索され、skuNamelocationに一致するものが見つかります。ストレージアカウントを指定する場合は、クラスターと同じリソースグループに存在する必要があり、skuNamelocationは無視されます。
  • secretNamespace:Azureストレージアカウント名とキーを含むシークレットの名前空間。デフォルトはPodと同じです。
  • secretName:Azureストレージアカウント名とキーを含むシークレットの名前。デフォルトはazure-storage-account-<accountName>-secretです
  • readOnly:ストレージが読み取り専用としてマウントされるかどうかを示すフラグ。デフォルトはfalseで、読み取り/書き込みマウントを意味します。この設定は、VolumeMountsのReadOnly設定にも影響します。

ストレージのプロビジョニング中に、secretNameという名前のシークレットがマウント資格証明用に作成されます。クラスタでRBACController Rolesの両方が有効になっている場合は、追加します。clusterrolesystem:controller:persistent-volume-binderに対するリソースsecretcreateパーミッション。

マルチテナンシーコンテキストでは、secretNamespaceの値を明示的に設定することを強くお勧めします。そうしないと、ストレージアカウントの資格情報が他のユーザーに読み取られる可能性があります。

Portworx Volume

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: portworx-io-priority-high
provisioner: kubernetes.io/portworx-volume
parameters:
  repl: "1"
  snap_interval:   "70"
  priority_io:  "high"
  • fs:配置するファイルシステム:none/xfs/ext4(デフォルト:ext4)。
  • block_size:キロバイト単位のブロックサイズ(デフォルト:32)。
  • repl:レプリケーション係数1..3の形式で提供される同期レプリカの数(デフォルト:1)。ここでは文字列が期待されます。つまり、1ではなく"1"です。
  • priority_io:ボリュームがパフォーマンスの高いストレージから作成されるか、優先度の低いストレージhigh/medium/low(デフォルト:low)から作成されるかを決定します。
  • snap_interval:スナップショットをトリガーするクロック/時間間隔(分単位)。スナップショットは、前のスナップショットとの差分に基づいて増分されます。0はスナップを無効にします(デフォルト:0)。ここでは文字列が必要です。つまり、70ではなく"70"です。
  • aggregation_level:ボリュームが分散されるチャンクの数を指定します。0は非集約ボリュームを示します(デフォルト:0)。ここには文字列が必要です。つまり、0ではなく"0"です。
  • ephemeral:アンマウント後にボリュームをクリーンアップするか、永続化するかを指定します。emptyDirユースケースではこの値をtrueに設定でき、Cassandraなどのデータベースのようなpersistent volumesユースケースではfalse、true/false(デフォルトはfalse)に設定する必要があります。ここでは文字列が必要です。つまり、trueではなく"true"です。

Local

FEATURE STATE: Kubernetes v1.14 [stable]
apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: local-storage
provisioner: kubernetes.io/no-provisioner
volumeBindingMode: WaitForFirstConsumer

ローカルボリュームは現在、動的プロビジョニングをサポートしていませんが、Podのスケジューリングまでボリュームバインドを遅らせるには、引き続きStorageClassを作成する必要があります。これは、WaitForFirstConsumerボリュームバインディングモードによって指定されます。

ボリュームバインディングを遅延させると、PersistentVolumeClaimに適切なPersistentVolumeを選択するときに、スケジューラはPodのスケジューリング制約をすべて考慮することができます。

最終更新 December 19, 2022 at 10:30 AM PST: Update content/ja/docs/concepts/storage/storage-classes.md (4c86dc7fa)