コンセプト

Edit This Page

Podについての概観(Pod Overview)

このページでは、Kubernetesのオブジェクトモデルにおいて、デプロイ可能な最小単位のオブジェクトであるPodに関して概観します。

Podについて理解する

Pod は、Kubernetesの基本的なビルディングブロックとなります。Kubernetesオブジェクトモデルの中で、ユーザーが作成し、デプロイ可能なシンプルで最も最小のユニットです。単一のPodはクラスター上で稼働する単一のプロセスを表現します。

単一のPodは、アプリケーションコンテナ(いくつかの場合においては複数のコンテナ)や、ストレージリソース、ユニークなネットワークIPや、コンテナがどのように稼働すべきか統制するためのオプションをカプセル化します。単一のPodは、ある単一のDeploymentのユニット(単一のコンテナもしくはリソースを共有する、密接に連携された少数のコンテナ群を含むようなKubernetes内でのアプリケーションの単一のインスタンス) を表現します。

DockerはKubernetesのPod内で使われる最も一般的なコンテナランタイムですが、Podは他のコンテナランタイムも同様にサポートしています。

Kubernetesクラスター内でのPodは2つの主な方法で使うことができます。

  • 単一のコンテナを稼働させるPod : いわゆる「1Pod1コンテナ」 構成のモデルは、最も一般的なKubernetesのユースケースです。
    このケースでは、ユーザーはPodを単一のコンテナのラッパーとして考えることができ、Kubernetesはコンテナを直接扱うというよりは、Podを管理することになります。
  • 協調して稼働させる必要がある複数のコンテナを稼働させるPod : 単一のPodは、リソースを共有する必要があるような、密接に連携した複数の同じ環境にあるコンテナからなるアプリケーションをカプセル化することもできます。 これらの同じ環境にあるコンテナ群は、サービスの結合力の強いユニットを構成することができます。
    – 1つのコンテナが、共有されたボリュームからファイルをパブリックな場所に送信し、一方では分割されたサイドカー コンテナがそれらのファイルを更新します。そのPodはそれらのコンテナとストレージリソースを、単一の管理可能なエンティティとしてまとめます。

Kubernetes Blogにて、Podのユースケースに関するいくつかの追加情報を見ることができます。
さらなる情報を得たい場合は、下記のページを参照ください。

各Podは、与えられたアプリケーションの単一のインスタンスを稼働するためのものです。もしユーザーのアプリケーションを水平にスケールさせたい場合(例: 複数インスタンスを稼働させる)、複数のPodを使うべきです。1つのPodは各インスタンスに対応しています。 Kubernetesにおいて、これは一般的にレプリケーション と呼ばれます。
レプリケーションされたPodは、通常コントローラーと呼ばれる抽象概念によって単一のグループとして作成、管理されます。
さらなる情報に関してはPodとコントローラーを参照して下さい。

Podがどのように複数のコンテナを管理しているか

Podは凝集性の高いサービスのユニットを構成するような複数の協調プロセス(コンテナ)をサポートするためにデザインされました。 単一のPod内のコンテナ群は、クラスター内において同一の物理マシンもしくは仮想マシン上において自動で同じ環境に配備され、スケジュールされます。コンテナはリソースや依存関係を共有し、お互いにコミュニケートし、それらがいつ、どのように削除されるかを調整できます。

注意点として、単一のPod内で同じ環境に配備され、同時管理される複数のコンテナをグルーピングするのは、比較的に発展的なユースケースとなります。 ユーザーは、コンテナ群が密接に連携するような、特定のインスタンスにおいてのみこのパターンを使用するべきです。 例えば、ユーザーが共有ボリューム内にあるファイル用のWebサーバとして稼働するコンテナと、下記のダイアグラムにあるような、リモートのソースからファイルを更新するような分離されたサイドカー コンテナを持っているような場合です。

Podのダイアグラム

Podは、Podによって構成されたコンテナ群のために2種類の共有リソースを提供します。 ネットワーキングストレージ です。

ネットワーキング

各Podは固有のIPアドレスを割り当てられます。単一のPod内の各コンテナは、IPアドレスやネットワークポートを含む、そのネットワークの名前空間を共有します。Pod内の コンテナはlocalhostを使用してお互いに疎通できます。単一のPod内のコンテナがPod外 のエンティティと疎通する場合、共有されたネットワークリソース(ポートなど)をどのように使うかに関して調整しなければなりません。

ストレージ

単一のPodは共有されたストレージボリューム のセットを指定できます。Pod内の全てのコンテナは、その共有されたボリュームにアクセスでき、コンテナ間でデータを共有することを可能にします。ボリュームもまた、もしPod内のコンテナの1つが再起動が必要になった場合に備えて、データを永続化できます。
単一のPod内での共有ストレージをKubernetesがどう実装しているかについてのさらなる情報については、Volumesを参照してください。

Podを利用する

ユーザーはまれに、Kubenetes内で独立したPodを直接作成する場合があります(シングルトンPodなど)。 これはPodが比較的、一時的な使い捨てエンティティとしてデザインされているためです。Podが作成された時(ユーザーによって直接的、またはコントローラーによって間接的に作成された場合)、ユーザーのクラスター内の単一のNode上で稼働するようにスケジューリングされます。そのPodはプロセスが停止されたり、Podオブジェクトが削除されたり、Podがリソースの欠如のために追い出され たり、Nodeが故障するまでNode上に残り続けます。

備考: 単一のPod内でのコンテナを再起動することと、そのPodを再起動することを混同しないでください。Podはそれ自体は実行されませんが、コンテナが実行される環境であり、削除されるまで存在し続けます。

Podは、Podそれ自体によって自己修復しません。もし、稼働されていないNode上にPodがスケジュールされた場合や、スケジューリング操作自体が失敗した場合、Podが削除されます。同様に、Podはリソースの欠如や、Nodeのメンテナンスによる追い出しがあった場合はそこで停止します。Kubernetesはコントローラー と呼ばれる高レベルの抽象概念を使用し、それは比較的使い捨て可能なPodインスタンスの管理を行います。
このように、Podを直接使うのは可能ですが、コントローラーを使用したPodを管理する方がより一般的です。KubernetesがPodのスケーリングと修復機能を実現するためにコントローラーをどのように使うかに関する情報はPodとコントローラーを参照してください。

Podとコントローラー

単一のコントローラーは、ユーザーのために複数のPodを作成・管理し、レプリケーションやロールアウト、クラスターのスコープ内で自己修復の機能をハンドリングします。例えば、もしNodeが故障した場合、コントローラーは異なるNode上にPodを置き換えるようにスケジューリングすることで、自動的にリプレース可能となります。

1つまたはそれ以上のPodを含むコントローラーの例は下記の通りです。

通常は、コントローラーはユーザーが作成したPodテンプレートを使用して、担当するPodを作成します。

Podテンプレート

Podテンプレートは、ReplicationControllerJobや、 DaemonSetのような他のオブジェクト内で含まれるPodの仕様となります。 コントローラーは実際のPodを作成するためにPodテンプレートを使用します。
下記のサンプルは、メッセージを表示する単一のコンテナを含んだ、シンプルなPodのマニフェストとなります。

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: myapp-pod
  labels:
    app: myapp
spec:
  containers:
  - name: myapp-container
    image: busybox
    command: ['sh', '-c', 'echo Hello Kubernetes! && sleep 3600']

全てのレプリカの現在の理想的な状態を指定するというよりも、Podテンプレートはクッキーの抜き型のようなものです。一度クッキーがカットされると、そのクッキーは抜き型から離れて関係が無くなります。そこにはいわゆる”量子もつれ”といったものはありません。テンプレートに対するその後の変更や新しいテンプレートへの切り替えは、すでに作成されたPod上には直接的な影響はありません。 同様に、ReplicationControllerによって作成されたPodは、変更後に直接更新されます。これはPodとの意図的な違いとなり、そのPodに属する全てのコンテナの現在の理想的な状態を指定します。このアプローチは根本的にシステムのセマンティクスを単純化し、機能の柔軟性を高めます。

次の項目

フィードバック