セットアップ

Edit This Page

CRIのインストール

Kubernetesでは、v1.6.0からデフォルトでCRI(Container Runtime Interface)を利用できます。 このページでは、様々なCRIのインストール方法について説明します。

手順を進めるにあたっては、下記に示しているコマンドを、ご利用のOSのものに従ってrootユーザとして実行してください。 環境によっては、それぞれのホストへSSHで接続した後にsudo -iを実行することで、rootユーザになることができる場合があります。

Docker

それぞれのマシンに対してDockerをインストールします。 バージョン18.06が推奨されていますが、1.11、1.12、1.13、17.03についても動作が確認されています。 Kubernetesのリリースノートにある、Dockerの動作確認済み最新バージョンについてもご確認ください。

システムへDockerをインストールするには、次のコマンドを実行します。


# UbuntuのリポジトリからDockerをインストールする場合は次を実行します:
apt-get update
apt-get install -y docker.io

# または、UbuntuやDebian向けのDockerのリポジトリからDocker CE 18.06をインストールする場合は、次を実行します:

## 必要なパッケージをインストールします。
apt-get update && apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common

## GPGキーをダウンロードします。
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | apt-key add -

## dockerパッケージ用のaptリポジトリを追加します。
add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"

## dockerをインストールします。
apt-get update && apt-get install docker-ce=18.06.0~ce~3-0~ubuntu

# デーモンをセットアップします。
cat > /etc/docker/daemon.json <<EOF
{
  "exec-opts": ["native.cgroupdriver=systemd"],
  "log-driver": "json-file",
  "log-opts": {
    "max-size": "100m"
  },
  "storage-driver": "overlay2"
}
EOF

mkdir -p /etc/systemd/system/docker.service.d

# dockerを再起動します。
systemctl daemon-reload
systemctl restart docker



# CentOSやRHELのリポジトリからDockerをインストールする場合は、次を実行します:
yum install -y docker

# または、CentOS向けのDockerのリポジトリからDocker CE 18.06をインストールする場合は、次を実行します:

## 必要なパッケージをインストールします。
yum install yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2

## dockerパッケージ用のyumリポジトリを追加します。
yum-config-manager \
    --add-repo \
    https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

## dockerをインストールします。
yum update && yum install docker-ce-18.06.1.ce

## /etc/docker ディレクトリを作成します。
mkdir /etc/docker

# デーモンをセットアップします。
cat > /etc/docker/daemon.json <<EOF
{
  "exec-opts": ["native.cgroupdriver=systemd"],
  "log-driver": "json-file",
  "log-opts": {
    "max-size": "100m"
  },
  "storage-driver": "overlay2",
  "storage-opts": [
    "overlay2.override_kernel_check=true"
  ]
}
EOF

mkdir -p /etc/systemd/system/docker.service.d

# dockerを再起動します。
systemctl daemon-reload
systemctl restart docker

詳細については、Dockerの公式インストールガイドを参照してください。

CRI-O

このセクションでは、CRIランタイムとしてCRI-Oを利用するために必要な手順について説明します。

システムへCRI-Oをインストールするためには以下のコマンドを利用します:

必要な設定の追加

modprobe overlay
modprobe br_netfilter

# 必要なカーネルパラメータの設定をします。これらの設定値は再起動後も永続化されます。
cat > /etc/sysctl.d/99-kubernetes-cri.conf <<EOF
net.bridge.bridge-nf-call-iptables  = 1
net.ipv4.ip_forward                 = 1
net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables = 1
EOF

sysctl --system


# 必要なパッケージをインストールし、リポジトリを追加
apt-get update
apt-get install software-properties-common

add-apt-repository ppa:projectatomic/ppa
apt-get update

# CRI-Oをインストール
apt-get install cri-o-1.11



# 必要なリポジトリを追加
yum-config-manager --add-repo=https://cbs.centos.org/repos/paas7-crio-311-candidate/x86_64/os/

# CRI-Oをインストール
yum install --nogpgcheck cri-o

CRI-Oの起動

systemctl start crio

詳細については、CRI-Oインストールガイドを参照してください。

Containerd

このセクションでは、CRIランタイムとしてcontainerdを利用するために必要な手順について説明します。

システムへContainerdをインストールするためには次のコマンドを実行します。

必要な設定の追加

modprobe overlay
modprobe br_netfilter

# 必要なカーネルパラメータの設定をします。これらの設定値は再起動後も永続化されます。
cat > /etc/sysctl.d/99-kubernetes-cri.conf <<EOF
net.bridge.bridge-nf-call-iptables  = 1
net.ipv4.ip_forward                 = 1
net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables = 1
EOF

sysctl --system

apt-get install -y libseccomp2


yum install -y libseccomp

containerdのインストール

Containerdは定期的にリリースされますが、以下に示すコマンドで利用している値は、この手順が作成された時点での最新のバージョンにしたがって書かれています。より新しいバージョンとダウンロードするファイルのハッシュ値についてはこちらで確認するようにしてください。

# 必要な環境変数をexportします。
export CONTAINERD_VERSION="1.1.2"
export CONTAINERD_SHA256="d4ed54891e90a5d1a45e3e96464e2e8a4770cd380c21285ef5c9895c40549218"

# containerdのtarボールをダウンロードします。
wget https://storage.googleapis.com/cri-containerd-release/cri-containerd-${CONTAINERD_VERSION}.linux-amd64.tar.gz

# ハッシュ値をチェックします。
echo "${CONTAINERD_SHA256} cri-containerd-${CONTAINERD_VERSION}.linux-amd64.tar.gz" | sha256sum --check -

# 解凍して展開します。
tar --no-overwrite-dir -C / -xzf cri-containerd-${CONTAINERD_VERSION}.linux-amd64.tar.gz

# containerdを起動します。
systemctl start containerd

その他のCRIランタイム(rktletおよびfrakti)について

詳細についてはFraktiのクイックスタートガイドおよびRktletのクイックスタートガイドを参照してください。

フィードバック