はじめに

Edit This Page

kubeadmを使ったコントロールプレーンの設定のカスタマイズ

FEATURE STATE: Kubernetes 1.12 stable
この機能は、現在 安定版 です。

  • バージョン名は、 vX (Xはバージョン番号を示す整数) という規則でつけられています。
  • 安定版となっている機能は、これ以降のバージョンにおいても長期にわたって利用可能です。

kubeadmのClusterConfigurationオブジェクトはAPIServer、ControllerManager、およびSchedulerのようなコントロールプレーンの構成要素に渡されたデフォルトのフラグを上書きすることができる extraArgsの項目があります。 その構成要素は次の項目で定義されています。

  • apiServer
  • controllerManager
  • scheduler

extraArgs の項目は キー: 値 のペアです。コントロールプレーンの構成要素のフラグを上書きするには:

  1. 設定内容に適切な項目を追加
  2. フラグを追加して項目を上書き

各設定項目のより詳細な情報はAPIリファレンスのページを参照してください。

APIServerフラグ

詳細はkube-apiserverのリファレンスドキュメントを参照してください。

Example usage:

apiVersion: kubeadm.k8s.io/v1beta2
kind: ClusterConfiguration
kubernetesVersion: v1.13.0
apiServer:
  extraArgs:
    advertise-address: 192.168.0.103
    anonymous-auth: "false"
    enable-admission-plugins: AlwaysPullImages,DefaultStorageClass
    audit-log-path: /home/johndoe/audit.log

ControllerManagerフラグ

詳細はkube-controller-managerのリファレンスドキュメントを参照してください。

Example usage:

apiVersion: kubeadm.k8s.io/v1beta2
kind: ClusterConfiguration
kubernetesVersion: v1.13.0
controllerManager:
  extraArgs:
    cluster-signing-key-file: /home/johndoe/keys/ca.key
    bind-address: 0.0.0.0
    deployment-controller-sync-period: "50"

Schedulerフラグ

詳細はkube-schedulerのリファレンスドキュメントを参照してください。

Example usage:

apiVersion: kubeadm.k8s.io/v1beta2
kind: ClusterConfiguration
kubernetesVersion: v1.13.0
scheduler:
  extraArgs:
    address: 0.0.0.0
    config: /home/johndoe/schedconfig.yaml
    kubeconfig: /home/johndoe/kubeconfig.yaml

フィードバック