SCを使用したサービスカタログのインストール

サービスカタログは kubernetesクラスターで稼働するアプリケーションが、クラウドプロバイダーによって提供されるデータストアサービスのように、外部のマネージドソフトウェアを容易に使えるようにするための拡張APIです。

サービスカタログを使用することでサービスブローカーAn endpoint for a set of Managed Services offered and maintained by a third-party. が提供するマネージドサービスA software offering maintained by a third-party provider. を、それらのサービスがどのように作成されるか、また管理されるかについての知識を無しに、一覧表示したり、プロビジョニングや使用をすることができます。

GCPのService Catalog Installerツールを使うと、Kubernetesクラスター上にサービスカタログを簡単にインストール・アンインストールして、Google Cloudのプロジェクトに紐付けることもできます。

サービスカタログ自体は、Google Cloudだけではなく、どのような種類のマネージドサービスでも動作します。

始める前に

  • サービスカタログの基本概念を理解してください。

  • Go 1.6+をインストールして、GOPATHを設定してください。

  • SSLに関するファイルを生成するために必要なcfsslツールをインストールしてください。

  • サービスカタログを使用するには、Kubernetesクラスターのバージョンが1.7以降である必要があります。

  • kubectlのインストールおよびセットアップを参考に、v1.7以降のkubectlをインストールし、設定を行ってください。

  • サービスカタログをインストールするためには、kubectlのユーザーがcluster-adminロールにバインドされている必要があります。正しくバインドされていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

      kubectl create clusterrolebinding cluster-admin-binding --clusterrole=cluster-admin --user=<user-name>
    

ローカル環境にscをインストールする

インストーラーは、ローカルのコンピューター上でscと呼ばれるCLIツールとして実行します。

go getを使用してインストールします。

go get github.com/GoogleCloudPlatform/k8s-service-catalog/installer/cmd/sc

これで、scGOPATH/binディレクトリー内にインストールされたはずです。

Kubernetesクラスターにサービスカタログをインストールする

まず、すべての依存関係がインストールされていることを確認します。次のコマンドを実行してください。

sc check

チェックが成功したら、次のように表示されるはずです。

Dependency check passed. You are good to go.

次に、バックアップに使用したいstorageclassを指定して、installコマンドを実行します。

sc install --etcd-backup-storageclass "standard"

サービスカタログのアンインストール

Kubernetesクラスターからサービスカタログをアンインストールしたい場合は、scツールを使って次のコマンドを実行します。

sc uninstall

次の項目