Edit This Page

Minikubeのインストール

このページではMinikubeのインストール方法を説明し、コンピューターの仮想マシン上で単一ノードのKubernetesクラスターを実行します。

始める前に

コンピューターのBIOS上でVT-xもしくはAMD-vの仮想化が使用可能でなければなりません。Linux上で確認するために以下のコマンドを実行し、出力されることを確認してください。

egrep --color 'vmx|svm' /proc/cpuinfo

ハイパーバイザーのインストール

ハイパーバイザーがインストールされていなかったら、OSにいずれかをインストールしてください。

Operating systemサポートしているハイパーバイザー
macOSVirtualBox, VMware Fusion, HyperKit
LinuxVirtualBox, KVM
WindowsVirtualBox, Hyper-V
備考: MinikubeはVMの中ではなくホスト上のKubernetesのコンポーネントの一部として実行する--vm-driver=noneをサポートしています。このドライバーはハイパーバイザーではなく、DockerやLinuxの環境を必要とします。

kubectlのインストール

Minikubeのインストール

macOS

Homebrewを使うことでmacOSにMinikubeを簡単にインストールできます。

brew cask install minikube

バイナリファイルを使用してmacOSにインストールすることも可能です。

curl -Lo minikube https://storage.googleapis.com/minikube/releases/latest/minikube-darwin-amd64 \
  && chmod +x minikube

以下のコマンドを入力して、Minikubeを実行可能にしてください。

sudo mv minikube /usr/local/bin

Linux

備考: ここではバイナリを使ってLinux上にMinikubeをインストールする方法を示します。

バイナリファイルを使用してLinuxにインストールできます。

curl -Lo minikube https://storage.googleapis.com/minikube/releases/latest/minikube-linux-amd64 \
  && chmod +x minikube

以下のコマンドを入力して、Minikubeを実行可能にしてください。

sudo cp minikube /usr/local/bin && rm minikube

Windows

備考: MinikubeをWindowsで実行するために、Hyper-VもしくはVirtualBoxをインストールする必要があります。Hyper-VはWindows 10 Enterprise、Windows 10 Professional、Windows 10 Educationで実行できます。より詳しいインストールについてのドキュメントはMinikube公式のGitHubのリポジトリを参照してください。

Chocolateyを使うことでWindowsにMinikubeを簡単にインストールできます(管理者権限で実行する必要があります)。

choco install minikube kubernetes-cli

Minikubeのインストールが終わったら、現在のCLIのセッションを終了して再起動します。Minikubeは自動的にパスに追加されます。

手動でWindowsにインストールする方法

Windowsに手動でMinikubeをダウンロードする場合、minikube-windows-amd64をダウンロードし、名前をminikube.exeに変更してこれをパスに加えます。

Windowsのインストーラー

Windows Installerを使ってWindowsに手動でインストールする場合、minikube-installer.exeをインストールし、インストーラーを実行します。

クリーンアップし、新たに始める場合

もし以前に Minikubeをインストールしていたら、以下のコマンドを実行します。

minikube start

このエラーが返ってきます。

machine does not exist

以下のファイルを消去する必要があります。

rm -rf ~/.minikube

次の項目

フィードバック