例: Persistent Volumeを使用したWordpressとMySQLをデプロイする

このチュートリアルでは、WordPressのサイトとMySQLデータベースをMinikubeを使ってデプロイする方法を紹介します。2つのアプリケーションとも、データを保存するためにPersistentVolumeとPersistentVolumeClaimを使用します。

PersistentVolume(PV)とは、管理者が手動でプロビジョニングを行うか、StorageClassを使ってKubernetesによって動的にプロビジョニングされた、クラスター内のストレージの一部です。PersistentVolumeClaim(PVC)は、PVによって満たすことができる、ユーザーによるストレージへのリクエストのことです。PersistentVolumeとPersistentVolumeClaimは、Podのライフサイクルからは独立していて、Podの再起動、Podの再スケジューリング、さらにはPodの削除が行われたとしても、その中のデータは削除されずに残ります。

警告: シングルインスタンスのWordPressとMySQLのPodを使用しているため、ここで行うデプロイは本番のユースケースには適しません。WordPressを本番環境にデプロイするときは、WordPress Helm Chartを使用することを検討してください。
備考: このチュートリアルで提供されるファイルは、GAとなっているDeployment APIを使用しているため、Kubernetesバージョン1.9以降のためのものになっています。もしこのチュートリアルを古いバージョンのKubernetesで使いたい場合は、APIのバージョンを適切にアップデートするか、このチュートリアルの古いバージョンを参照してください。

目標

  • PersistentVolumeClaimとPersistentVolumeを作成する
  • 以下を含むkustomization.yamlを作成する
    • Secret generator
    • MySQLリソースの設定
    • WordPressリソースの設定
  • kustomizationディレクトリをkubectl apply -k ./で適用する
  • クリーンアップする

始める前に

Kubernetesクラスターが必要、かつそのクラスターと通信するためにkubectlコマンドラインツールが設定されている必要があります。 まだクラスターがない場合、Minikubeを使って作成するか、 以下のいずれかのKubernetesプレイグラウンドも使用できます:

バージョンを確認するには次のコマンドを実行してください: kubectl version. このページで示された例は、kubectl 1.14以降で動作します。

以下の設定ファイルをダウンロードします。

  1. mysql-deployment.yaml

  2. wordpress-deployment.yaml

PersistentVolumeClaimとPersistentVolumeを作成する

MySQLとWordpressはそれぞれ、データを保存するためのPersistentVolumeを必要とします。各PersistentVolumeClaimはデプロイの段階で作成されます。

多くのクラスタ環境では、デフォルトのStorageClassがインストールされています。StorageClassがPersistentVolumeClaim中で指定されていなかった場合、クラスターのデフォルトのStorageClassが代わりに使われます。

PersistentVolumeClaimが作成されるとき、StorageClassの設定に基づいてPersistentVolumeが動的にプロビジョニングされます。

警告: ローカルのクラスターでは、デフォルトのStorageClassにはhostPathプロビジョナーが使われます。hostPathボリュームは開発およびテストにのみ適しています。hostPathボリュームでは、データはPodがスケジュールされたノード上の/tmp内に保存されます。そのため、もしPodが死んだり、クラスター上の他のノードにスケジュールされたり、ノードが再起動すると、データは失われます。
備考: hostPathプロビジョナーを使用する必要があるクラスターを立ち上げたい場合は、--enable-hostpath-provisionerフラグを controller-manager コンポーネントで設定する必要があります。
備考: Google Kubernetes Engine上で動作するKubernetesクラスターを使っている場合は、このガイドに従ってください。

kustomization.yamlを作成する

Secret generatorを追加する

Secretとは、パスワードやキーのような機密性の高いデータ片を保存するためのオブジェクトです。バージョン1.14からは、kubectlがkustomizationファイルを使用したKubernetesオブジェクトの管理をサポートしています。kustomization.yaml内のgeneratorによってSecretを作成することができます。

以下のコマンドを実行して、kustomization.yamlの中にSecret generatorを追加します。YOUR_PASSWORDの部分を使いたいパスワードに置換してください。

cat <<EOF >./kustomization.yaml
secretGenerator:
- name: mysql-pass
  literals:
  - password=YOUR_PASSWORD
EOF

MySQLとWordPressのためのリソースの設定を追加する

以下のマニフェストには、シングルインスタンスのMySQLのDeploymentが書かれています。MySQLコンテナはPersistentVolumeを/var/lib/mysqlにマウントします。MYSQL_ROOT_PASSWORD環境変数には、Secretから得られたデータベースのパスワードが設定されます。

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: wordpress-mysql
  labels:
    app: wordpress
spec:
  ports:
    - port: 3306
  selector:
    app: wordpress
    tier: mysql
  clusterIP: None
---
apiVersion: v1
kind: PersistentVolumeClaim
metadata:
  name: mysql-pv-claim
  labels:
    app: wordpress
spec:
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  resources:
    requests:
      storage: 20Gi
---
apiVersion: apps/v1 # for versions before 1.9.0 use apps/v1beta2
kind: Deployment
metadata:
  name: wordpress-mysql
  labels:
    app: wordpress
spec:
  selector:
    matchLabels:
      app: wordpress
      tier: mysql
  strategy:
    type: Recreate
  template:
    metadata:
      labels:
        app: wordpress
        tier: mysql
    spec:
      containers:
      - image: mysql:5.6
        name: mysql
        env:
        - name: MYSQL_ROOT_PASSWORD
          valueFrom:
            secretKeyRef:
              name: mysql-pass
              key: password
        ports:
        - containerPort: 3306
          name: mysql
        volumeMounts:
        - name: mysql-persistent-storage
          mountPath: /var/lib/mysql
      volumes:
      - name: mysql-persistent-storage
        persistentVolumeClaim:
          claimName: mysql-pv-claim

以下のマニフェストには、シングルインスタンスのWordPressのDeploymentが書かれています。WordPressコンテナはPersistentVolumeをウェブサイトのデータファイルのために/var/www/htmlにマウントします。WORDPRESS_DB_HOST環境変数に上で定義したMySQLのServiceの名前を設定すると、WordPressはServiceによってデータベースにアクセスします。WORDPRESS_DB_PASSWORD環境変数には、kustomizeが生成したSecretから得たデータベースのパスワードが設定されます。

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: wordpress
  labels:
    app: wordpress
spec:
  ports:
    - port: 80
  selector:
    app: wordpress
    tier: frontend
  type: LoadBalancer
---
apiVersion: v1
kind: PersistentVolumeClaim
metadata:
  name: wp-pv-claim
  labels:
    app: wordpress
spec:
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  resources:
    requests:
      storage: 20Gi
---
apiVersion: apps/v1 # for versions before 1.9.0 use apps/v1beta2
kind: Deployment
metadata:
  name: wordpress
  labels:
    app: wordpress
spec:
  selector:
    matchLabels:
      app: wordpress
      tier: frontend
  strategy:
    type: Recreate
  template:
    metadata:
      labels:
        app: wordpress
        tier: frontend
    spec:
      containers:
      - image: wordpress:4.8-apache
        name: wordpress
        env:
        - name: WORDPRESS_DB_HOST
          value: wordpress-mysql
        - name: WORDPRESS_DB_PASSWORD
          valueFrom:
            secretKeyRef:
              name: mysql-pass
              key: password
        ports:
        - containerPort: 80
          name: wordpress
        volumeMounts:
        - name: wordpress-persistent-storage
          mountPath: /var/www/html
      volumes:
      - name: wordpress-persistent-storage
        persistentVolumeClaim:
          claimName: wp-pv-claim
  1. MySQLのDeploymentの設定ファイルをダウンロードします。

    curl -LO https://k8s.io/examples/application/wordpress/mysql-deployment.yaml
    
  2. WordPressの設定ファイルをダウンロードします。

    curl -LO https://k8s.io/examples/application/wordpress/wordpress-deployment.yaml
    
  3. これらをkustomization.yamlファイルに追加します。

cat <<EOF >>./kustomization.yaml
resources:
  - mysql-deployment.yaml
  - wordpress-deployment.yaml
EOF

適用と確認

kustomization.yamlには、WordPressのサイトとMySQLデータベースのためのすべてのリソースが含まれています。次のコマンドでこのディレクトリを適用できます。

kubectl apply -k ./

これで、すべてのオブジェクトが存在していることを確認できます。

  1. 次のコマンドを実行して、Secretが存在していることを確認します。

    kubectl get secrets
    

    結果は次のようになるはずです。

    NAME                    TYPE                                  DATA   AGE
    mysql-pass-c57bb4t7mf   Opaque                                1      9s
    
  2. 次のコマンドを実行して、PersistentVolumeが動的にプロビジョニングされていることを確認します。

    kubectl get pvc
    
    備考: PVがプロビジョニングされてバインドされるまでに、最大で数分かかる場合があります。

    結果は次のようになるはずです。

    NAME             STATUS    VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS       AGE
    mysql-pv-claim   Bound     pvc-8cbd7b2e-4044-11e9-b2bb-42010a800002   20Gi       RWO            standard           77s
    wp-pv-claim      Bound     pvc-8cd0df54-4044-11e9-b2bb-42010a800002   20Gi       RWO            standard           77s
    
  3. 次のコマンドを実行して、Podが実行中であることを確認します。

    kubectl get pods
    
    備考: PodのStatusがRunningの状態になる前に、最大で数分かかる場合があります。

    結果は次のようになるはずです。

    NAME                               READY     STATUS    RESTARTS   AGE
    wordpress-mysql-1894417608-x5dzt   1/1       Running   0          40s
    
  4. 次のコマンドを実行して、Serviceが実行中であることを確認します。

    kubectl get services wordpress
    

    結果は次のようになるはずです。

    NAME        TYPE        CLUSTER-IP   EXTERNAL-IP   PORT(S)        AGE
    wordpress   ClusterIP   10.0.0.89    <pending>     80:32406/TCP   4m
    
    備考: MinikubeではServiceをNodePort経由でしか公開できません。EXTERNAL-IPは常にpendingのままになります。
  5. 次のコマンドを実行して、WordPress ServiceのIPアドレスを取得します。

    minikube service wordpress --url
    

    結果は次のようになるはずです。

    http://1.2.3.4:32406
    
  6. IPアドレスをコピーして、ブラウザーで読み込み、サイトを表示しましょう。

    WordPressによりセットアップされた次のスクリーンショットのようなページが表示されるはずです。

    wordpress-init

警告: WordPressのインストールをこのページのまま放置してはいけません。もしほかのユーザーがこのページを見つけた場合、その人はインスタンス上にウェブサイトをセットアップして、悪意のあるコンテンツの配信に利用できてしまいます。

ユーザー名とパスワードを決めてWordPressをインストールするか、このインスタンスを削除してください。

クリーンアップ

  1. 次のコマンドを実行して、Secret、Deployment、Service、およびPersistentVolumeClaimを削除します。

    kubectl delete -k ./
    

次の項目

最終更新 July 08, 2020 at 2:01 AM PST: Improve translations. (6bd367391)