Edit This Page

クラスター内のアプリケーションにアクセスするために外部IPアドレスを公開する

このページでは、外部IPアドレスを公開するKubernetesのServiceオブジェクトを作成する方法を示します。

始める前に

  • kubectlをインストールしてください。

  • Kubernetesクラスターを作成する際に、Google Kubernetes EngineやAmazon Web Servicesのようなクラウドプロバイダーを使用します。このチュートリアルでは、クラウドプロバイダーを必要とする外部ロードバランサーを作成します。

  • Kubernetes APIサーバーと通信するために、kubectlを設定してください。手順については、各クラウドプロバイダーのドキュメントを参照してください。

目標

  • 5つのインスタンスで実際のアプリケーションを起動します。
  • 外部IPアドレスを公開するServiceオブジェクトを作成します。
  • 起動中のアプリケーションにアクセスするためにServiceオブジェクトを使用します。

5つのPodで起動しているアプリケーションへのServiceの作成

  1. クラスターにてHello Worldアプリケーションを実行してください。
service/load-balancer-example.yaml
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  labels:
    app.kubernetes.io/name: load-balancer-example
  name: hello-world
spec:
  replicas: 5
  selector:
    matchLabels:
      app.kubernetes.io/name: load-balancer-example
  template:
    metadata:
      labels:
        app.kubernetes.io/name: load-balancer-example
    spec:
      containers:
      - image: gcr.io/google-samples/node-hello:1.0
        name: hello-world
        ports:
        - containerPort: 8080
kubectl apply -f https://k8s.io/examples/service/load-balancer-example.yaml

上記のコマンドにより、Deploymentオブジェクトを作成し、ReplicaSetオブジェクトを関連づけます。ReplicaSetには5つのPodがあり、それぞれHello Worldアプリケーションが起動しています。

  1. Deploymentに関する情報を表示します:

     kubectl get deployments hello-world
     kubectl describe deployments hello-world
    
  2. ReplicaSetオブジェクトに関する情報を表示します:

     kubectl get replicasets
     kubectl describe replicasets
    
  3. Deploymentを公開するServiceオブジェクトを作成します。

     kubectl expose deployment hello-world --type=LoadBalancer --name=my-service
    
  4. Serviceに関する情報を表示します:

     kubectl get services my-service
    

    出力は次のようになります:

     NAME         TYPE           CLUSTER-IP     EXTERNAL-IP      PORT(S)    AGE
     my-service   LoadBalancer   10.3.245.137   104.198.205.71   8080/TCP   54s
    
    備考: type=LoadBalancerのServiceは外部のクラウドプロバイダーによってサポートされており、ここでは扱いません。詳細はこちらのページを参照してください。
    備考: 外部IPアドレスが<pending>と表示されている場合は、しばらく待ってから同じコマンドを実行してください。
  5. Serviceに関する詳細な情報を表示します:

     kubectl describe services my-service
    

    出力は次のようになります:

     Name:           my-service
     Namespace:      default
     Labels:         app.kubernetes.io/name=load-balancer-example
     Annotations:    <none>
     Selector:       app.kubernetes.io/name=load-balancer-example
     Type:           LoadBalancer
     IP:             10.3.245.137
     LoadBalancer Ingress:   104.198.205.71
     Port:           <unset> 8080/TCP
     NodePort:       <unset> 32377/TCP
     Endpoints:      10.0.0.6:8080,10.0.1.6:8080,10.0.1.7:8080 + 2 more...
     Session Affinity:   None
     Events:         <none>
    

    Serviceによって公開された外部IPアドレス(LoadBalancer Ingress)を記録しておいてください。 この例では、外部IPアドレスは104.198.205.71です。 また、PortおよびNodePortの値も控えてください。 この例では、Portは8080、NodePortは32377です。

  6. 先ほどの出力にて、Serviceにはいくつかのエンドポイントがあることを確認できます: 10.0.0.6:8080、 10.0.1.6:8080、10.0.1.7:8080、その他2つです。 これらはHello Worldアプリケーションが動作しているPodの内部IPアドレスです。 これらのPodのアドレスを確認するには、次のコマンドを実行します:

     kubectl get pods --output=wide
    

    出力は次のようになります:

     NAME                         ...  IP         NODE
     hello-world-2895499144-1jaz9 ...  10.0.1.6   gke-cluster-1-default-pool-e0b8d269-1afc
     hello-world-2895499144-2e5uh ...  10.0.1.8   gke-cluster-1-default-pool-e0b8d269-1afc
     hello-world-2895499144-9m4h1 ...  10.0.0.6   gke-cluster-1-default-pool-e0b8d269-5v7a
     hello-world-2895499144-o4z13 ...  10.0.1.7   gke-cluster-1-default-pool-e0b8d269-1afc
     hello-world-2895499144-segjf ...  10.0.2.5   gke-cluster-1-default-pool-e0b8d269-cpuc
    
  7. Hello Worldアプリケーションにアクセスするために、外部IPアドレス(LoadBalancer Ingress)を使用します:

     curl http://<external-ip>:<port>
    

    ここで、<external-ip>はServiceの外部IPアドレス(LoadBalancer Ingress)で、 <port>はServiceの詳細出力におけるPortです。minikubeを使用している場合、minikube service my-serviceを実行することでHello Worldアプリケーションをブラウザで自動的に 開かれます。

    正常なリクエストに対するレスポンスは、helloメッセージです:

     Hello Kubernetes!
    

クリーンアップ

Serviceを削除する場合、次のコマンドを実行します:

kubectl delete services my-service

Deployment、ReplicaSet、およびHello Worldアプリケーションが動作しているPodを削除する場合、次のコマンドを実行します:

kubectl delete deployment hello-world

次の項目

connecting applications with servicesにて詳細を学ぶことができます。